たまけん 〜我ら!旅と“まち”の研究会〜
トップ | 
聞かせて!あなたの声を
創ろう、新しいニッポンの魅力
こんにちは、ゲストさん!

アンケートの回答やモニターへの応募、メルマガの受け取りなどには会員登録が必要です!

新規会員登録(無料)

千葉県香取市 2011/6/14

line

 

佐原の黒切りそば 

 

震災で建物の被害が大きかった町の一つに、千葉県香取市があります。
利根川に近いところですと、道はうねり、地盤が沈下し、家が傾いています。

 

香取市佐原といえば、昔ながらの趣のある街並みが印象的ですね。
その古い街並みも、ところどころ被害があったようです。

 

市の中心地にある、蕎麦の「小堀屋」もそうです。
天明2年(1782年)にそば屋を開業し、明治23年(1890年)に建築された現在の建物が被災し、本店脇の別館のみの営業となっています(2011年6月現在)。
この建物、千葉県の有形文化財に指定されている貴重なもので、是非、復活してほしいものです。

 

さて、被災はしても蕎麦は平気です。
ここの蕎麦、昆布が練りこまれていて、色が真っ黒なんです。
香取に来た際には、是非ご賞味あれ。

 

ページトップへ