たまけん 〜我ら!旅と“まち”の研究会〜
トップ | 
聞かせて!あなたの声を
創ろう、新しいニッポンの魅力
こんにちは、ゲストさん!

アンケートの回答やモニターへの応募、メルマガの受け取りなどには会員登録が必要です!

新規会員登録(無料)
2012/01/16
水玉はじき隊
日本三大美肌の湯を巡る弾丸ツアー
佐賀県嬉野市
協力:嬉野市
NAMIHEI
たまけん研究員の皆さんは、昨年、このサイトで募集されたある企画を憶えていますか?日本三大美肌の湯を巡るという特別ミッションを遂行するために召集(募集)されたチーム。その名も「水玉はじき隊。」がそれです。
「日本三大美肌の湯」という、聞いたことがあるようで、ないような、それが一体、日本のどこにあって、どんな温泉で本当に老若男女を問わず、美肌を実感できる温泉が存在するのでしょうか?
今回から全3回シリーズで、たまけんでは、この「水玉はじき隊。」の三大美肌の湯を巡る弾丸ツアーの同行レポートと共に、この3つの温泉の魅力を紹介していきます。
NAMIHEI
NAMIHEI  さあ、それでは早速、今回の第1回は、水玉はじき隊。の皆さんの旅の様子と共に、佐賀県嬉野温泉をご紹介していきましょう。
←現地で合流した水玉メンバーたち
(栃木県からやってきた小森さん(中)と、お隣の長崎県諫早からよく遊びに来るという林さん(右)と浜崎さん(左))
パワスポ!八天神社(石造眼鏡橋)
到着後の作戦会議を終えた3人が、向かったのが、直感的にパワースポットでは?と感じたという場所でした。温泉街中心部から車を走らせること約10分ほど。ひっそりとした境内は、そこだけ神秘的な雰囲気で、ちょうど夕暮れ時ということもあり、柔らかな西日が3人を包んでいるようでした。
この八天神社は、火の神として肥前国一円に広く崇敬されている。神社にある石造眼鏡橋は佐賀県指定重要文化財。
NAMIHEI
NAMIHEI
シーボルトの湯は市民のシンボル
NAMIHEI 八天神社で旅の安全を祈った3人が続いて向かったのは、嬉野温泉のシンボル的な存在でもあるシーボルト温泉。「古湯温泉」として長く親しまれてきた公衆浴場が、1996年に施設の老朽化などで、惜しまれながら閉鎖。しかし、再建を願う地元の要望を受けて「シーボルトの湯」として再出発した施設。
NAMIHEI
豊玉姫神社で美肌祈願。
NAMIHEI 嬉野温泉の美肌の秘密を発見!!何やら出てきた白なまず。いかにも美肌になりそうな予感がしませんか。この白なまずに温泉水をかけて、お祈りすると美肌になるという縁起物です。美肌を願う女性に人気です。
豊玉姫神社は、海神の娘で、竜宮城の乙姫・豊玉姫を祭る神社。境内のなまず社のこの白なまずは、豊玉姫の遣いとされています。
NAMIHEI
さあ、美肌の湯を堪能よ!
NAMIHEI 今夜のお宿は、温泉街の中心部に位置する和多屋別荘。佐賀牛や名物の温泉湯豆腐に舌鼓をうって、自慢の美肌の湯を堪能させていただきました。
ぬめりのあるお湯は、ナトリウムを多く含む重曹泉で、角質化した皮膚をなめらかにし、みずみずしい肌をよみがえらせます。
NAMIHEI
嬉野温泉の歴史は街道にあり。
『肥前風土記』(713年)に「東の辺に湯の泉ありて能く、人の病を癒す」と記され、江戸時代には長崎街道の宿場町として栄えたといいます。温泉街の中心部は、みやげ物店や飲食店などが軒を連ねて、ブラブラと闊歩したくなるそんな風情がありました。
NAMIHEI
シーボルトのあし湯で縁結び!?
湯遊広場にある、いつでも無料で入れる足湯。ここで出会った見知らぬ人同士が楽しくお話ししているうちにカップルになったというエピソードもあり、縁結びの神様との噂も。
確かにこの小さい空間なら恋も芽生えるか・・・。
NAMIHEI
NAMIHEI
嬉野にはカテキン効果もあるぞ!嬉野茶の魅力。
NAMIHEI 嬉野市は、全国有数の生産量を誇る茶どころ。霧深い山々に囲まれた盆地と、澄んだ空気と水がその秘密。数百年の歴史と奥深い味わいを伝承し続けています。
 紅茶やお茶のソフトクリームや、様々なスイーツ、化粧品もあって、お土産選びに苦労しそうです。
ということで、嬉野温泉の美肌と魅力を堪能した水玉メンバーの3人。わずか1泊2日の滞在でしたが、十分に堪能されたようでした。
女偏に「喜」と書いて「嬉野」とはよくいったもので、まさに女子天国という感じの温泉でした。楽しい体験をすると内側からも美しくなることってありますよね。温泉効果はもちろんですが、 やはり旅の基本は、楽しく「食べて」「観て」「遊んで」ということなのかな。
嬉野温泉の旅を終えた水玉メンバー小森さんは、その足で島根県の奥出雲町の斐乃上温泉へと向かいました。出雲はまさに神話のふるさと、そして縁結びの神様・出雲大社のお膝元。
旅の続きは第2回の斐乃上温泉編をご期待ください。
主な問合せ先はこちら
嬉野温泉観光協会  http://kankou.spa-u.net/
和多屋別荘      http://www.wataya.co.jp/
ページトップへ