たまけん 〜我ら!旅と“まち”の研究会〜
トップ | 
聞かせて!あなたの声を
創ろう、新しいニッポンの魅力

クルーズ日記⑦「クイーンエリザベス2 ニューヨーク~ケベック ノスタルジック・クルーズ7日間(後編)」

2009/12/9

line



残照のニューヨークから紅葉のケベックへ

▲カナダ北部の町シドニーで
 出会った家族

ハリファックスを発ち翌日停泊したシドニーも、やはりノヴァ・スコティア州の小さな港町。

森林が多く、家や電柱など、目に付くものはどれも木で作られているのが印象的でした。

ここで美しいお母さんと子どもたちの散歩とすれ違いましたが、木漏れ日の中、まるで映画の1シーンのような光景に思わず振り返ってしまいました。

折り紙の威力


▲船上では思い思いに過ごす。
 ゴルフの打ちっぱなしも


▲仲よくなった小さなレディたち

10月で肌寒いのに、太陽が顔を出せば、プールでは誰かしら歩いたり泳いだりしていました。

デッキチェアに水着姿で寝そべる人も多く、太極拳や散歩、ゴルフの打ちっぱなしなど、いかにも積極的にクルーズを楽しんでいるという感じです。


このほか本を読んだり、手紙を書いたり、ビンゴゲームやワインセミナー、レース編み教室に参加したり、みなそれぞれ。昼からカジノも開いています。

夜にはブロードウエーのショーやマジックショー、クラシックのバイオリン3重奏ありと、選ぶのが大変です。


クルーズの時、私はいつも和紙の千代紙や折り紙を持ち歩いています。

折り紙は「紙(カミ)ニケーション」。折り紙を折っていると、特に子どもとすぐに友達になれます。羽ばたくツルなど、動きのあるものが一番子どもの心を捉えるようです。

クルーズは言うに及ばず、海外旅行には折り紙を持っていくことをおすすめします。きっと、新しい出会いのきっかけになるでしょう。

キャビアのお話


▲やっとやっとご対面のキャビア
を記念撮影

キャプテンにインタビューする機会があり、乗船以来かねがね疑問に思っていたことを尋ねました。

「QE2は、世界一キャビアの消費量が多いと聞いています。私は航海3日目ですが、まだキャビアを見ていません。私のクラスでも、キャビアは出るのでしょうか?」

キャプテンは答えました。

「あさってのガラ・ディナーで出ますよ」

かくして2日後、前菜メニューにキャビアを発見、オーダーしたのでした。

フォーマルのドレスコードが6日中4回も!


▲フォーマルの時には
 たとえばこんな感じの装い

通常、1週間のクルーズでは、フォーマルに装うのが1回か2回。

乗船前に、ドレスコードが分からず、その程度と思って乗船したら、6泊のうち4晩がフォーマルだったのでビックリ!!「着るものがな~い!!」


友人の結婚式の際に着るようなロングドレス1着とショールしかありません。毎日同じでも仕方ないけど、女心としてはちょっと憂うつです。

それでも様子を見ていると、通常の「フォーマル」の日にはロングでないワンピースの人も結構いますし、カジュアルっぽい人もいます。

「ふ~ん、なるほど。こんな程度でいいんだ」と納得。

女心は万国共通

▲フォーマルの日には エステやヘア
 の予約も込む

女性の場合、クルーズに便利なのがスカーフやショールに大ぶりのアクセサリー類。同じ服装でも、異なった印象にアレンジできるので、助かります。

QE2のような豪華客船なら、リッチな方々が毎晩豪華に着飾って…と思いきや、船上のショップには2~3ドルから買えるアクセサリー類がたくさんあるほか、10ドル均一のコーナーがあり、アクセサリーやフォーマルバッグ、ショールなど、役立ちそうなものが手に入ります。

また、このほか39ドルの時計など、日替わりバーゲンもあり、毎日船内新聞に情報が載っています。

世界遺産の街 ケベックシティ


▲北米最古のプティ・シャンプラン通り


▲ケベックシティで人気のフェアモント・
 シャトー・フロントナックホテル

さて、船は両側が紅葉に燃えるセントローレンス川を進みます。大勢の乗船客がデッキに出て、「きれいですねえ」と和やかに会話しながら写真を撮っています。


街全体が世界遺産に登録されているケベック・シティは、洗練されたかわいらしい街。

特に北米最古のショッピング通りといわれるプチ・シャンプラン通りにはかわいらしいアクセサリーやアートショップ、カナダ名産のメープルシロップ、ジャムなどを売る店やお土産屋さんなどの小さい店が軒を連ねていて、ぶらぶら歩きにおすすめです。


フニクラ(ケーブルカー)で要塞の上に上ると街のシンボルともいえるフェアモント・シャトー・フロントナック・ホテルが立つ広場に出て、今度は川を見下ろす感じになります。

先ほどまで乗船客だったQE2が夕日に染まって輝いていました。

ページトップへ