たまけん 〜我ら!旅と“まち”の研究会〜
トップ | 
聞かせて!あなたの声を
創ろう、新しいニッポンの魅力

運河と小船と汽車道 2009/5/27

line


汽車道



徒然寫真館へ、ようこそ。

夏を想わせる五月晴れの休日、「横浜、150年目の大博覧会」と称して開催されている「Y150」(4月28日から9月27日)で賑う横浜みなとみらい地区へ足を伸ばしてみました。

世界最高速の分速750mのエレベーターに乗って、ランドマークタワー69階の展望フロアへ。そこにはクリアな空気の影響もあってか「圧巻の景色」が・・・。

 横浜港湾を行き来する船舶やレインボーブリッジ、ベイブッリジなどが一望できるのですが、気になる景色(気に入った景色といったほうが良いかもしれませんが)が目に飛び込んできました。

 みなさん「汽車道」ってご存知でしたか?写真の右下から上に斜めに伸びている道です。

桜木町から赤レンガ倉庫がある「新港埠頭エリア」へ向かう最短経路なのですが、1907年(明治40年)に臨港鉄道用に施設されたものだそうで、路面にはそのレール跡も残っているのです。

 今は、運河に挟まれたロケーションが人気で、「横浜のなごみ系デートコース」なんだそうです。

行き来する小船の軌跡を眺めながら、潮風に吹かれて歩いてみてください。「かもめ達」の出迎えがあるかもしれませんよ。

ページトップへ