たまけん 〜我ら!旅と“まち”の研究会〜
トップ | 
聞かせて!あなたの声を
創ろう、新しいニッポンの魅力

しょっぱい?甘い?塩ソフトクリーム<沖縄>

2010/3/18

line



▲国際通りと交差する平和通り
入り口近くにある

塩スイーツブームにのって、塩キャラメルや塩こしょう付きのチョコレートなど、いろいろ試してみました。今でも塩スイーツを見かけると思わず購入したり注文したりしてしまいます。

先日、沖縄を訪れた際も「塩ソフトクリーム」の看板が目に入るや引き寄せられ、思わず買っていました。

塩が練りこまれたソフトクリームはほのかに塩味がして、かえって甘さを引き立てる効果をもたらすようです。ちょうど、スイカに塩を振って食べるのと似ています。

▲店内では味見もできる。
塩ソムリエもいるので、気軽に
相談を

この塩ソフトクリームは、塩屋(まーすや)という塩専門店の店頭で食べることができます。

国内最大級の塩の専門店というだけあって、店内に置かれている塩は約500種類。細長い店内の入り口から奥へ奥へと、壁一面に並べられた塩や塩の商品が並びます。

地元沖縄の塩はもちろんですが、国内各地のほかイタリアやフランスなど世界各国から取り寄せたものまであります。塩は、サラサラの粉状のものから荒塩、そして結晶のようなきれいな塊まで、さまざま。

そしてフレーバーも塩こしょうというポピュラーなものから、ゆず塩、カレー塩と多彩で、丁寧な説明も添えられているので見ているだけでも楽しめます。


▲雪塩ソフトクリーム
は350円

ここの塩ソフトクリームを思わず食べたくなってしまう大きな理由は、トッピング。

塩ソフトクリームを購入後、スタンドに置いてあるトッピングを好きな分だけかけて食べられるのです。

まずは沖縄で定番のフルーツ、シークァーサー。うっすらと黄緑色をしていて、少々酸っぱさも感じ、コクのあるソフトクリームが爽やかな感じに。

ワインレッドの紅芋塩は、ほんのりお芋の香りがします。最後にかけたのは、島こしょう。塩辛さが少し増しますが、同時にソフトクリームの次の一口がいっそう甘く感じました。


▲トッピングは無料なので、好きな
分だけ。ハイビスカスやシークァー
サーは彩りもきれい

他にも鮮やかなピンクがきれいなハイビスカス、香り高いゆずなど、フレーバーは常時4~5種類用意されていて、どれも沖縄らしさを感じさせます。

塩専門店ならではの楽しみ方ができるので、おすすめです。

ちなみに正式名称は「雪塩ソフトクリーム」。雪塩は、宮古島の海水から取ったパウダー状のきめ細かい塩で、ミネラル含有量世界一ということでギネスにも登録されているとか。

その塩が入った「雪塩ちんすこう」も沖縄みやげの定番となりつつあります。

ページトップへ