たまけん 〜我ら!旅と“まち”の研究会〜
トップ | 
聞かせて!あなたの声を
創ろう、新しいニッポンの魅力

ハワイで見つけたヘルシーな朝食。栄養たっぷりのアサイーボウル<ハワイ> 2009/7/15

line



▲アラモアナショッピングセンター内で、
アサイーボウルを発見

ハワイを訪れたら、滞在中、1日はアラモアナショッピングセンターで過ごしてしまうという方も多いのではないでしょうか。

今年3月、アメリカのデパート「ノードストローム」のほか、ブティックやカフェなど約30店舗が加わり、さらに拡張。常にトレンドを行く店ばかりで、何度訪れても飽きません。

先日ハワイを旅行した際に、早速、その新しいエリアをウィンドーショッピング!すると、とある健康食品のお店で「アサイーボウル」なるものを発見しました。

アサイーとは、今、解明されている中で、抗酸化作用が一番強いと言われているフルーツ。日本でサンバのダンサーをしている友人が「アサイーは疲れない身体を作るのよ」といって、アサイーのジュースをよく飲んでいます。

濃いワインレッド色のどろっとした原液は、味も香りもあまり強くなく、友人は、水やアップルジュース、アセロラジュースなどで薄めて飲んでいました。


▲ 朝食後は、ワイキキビーチを散歩

ちなみにアサイーの原産はブラジルで、ヤシ科の植物。ヤシの実の一種というのはびっくりです。

実は小さく青紫色で、ブルーベリーのような見た目なので、ベリーの仲間かと思っていました。アマゾンでは、種を除いて実をすりつぶして食べるようです。

すぐに酸化してしまうため、アマゾン流域以外に住むブラジル国内の人々でも、加工してジュースやサプリメントとして、飲んでいるようです。

ハワイでは数年前に、ミキサーにかけたバナナとアサイーをシリアルなどにかけて食べる軽食が流行り始め、今では「アサイーボウル」と名づけられ、若い女性や年配の方々の朝食として定着し始めています。

ポリフェノール、アントシアニン、食物繊維を多く含んでいることから、肌の活性化、アンチエイジング対策、疲労予防、冷え性、コレステロール値の減少によいと言われています。胃腸も活性化するような気がしますが…これは人によるようです。


▲帰国後、ハワイを思い出しながら、
手作りしてみました

アサイーボウルの作り方は簡単。アサイー、バナナ、冷たい牛乳をミキサーで混ぜたものを、コーンフレークやミューズリーなどにかけ、さらにイチゴやバナナ、キウイなどのフルーツをトッピングするだけ。

暑くて食欲がなくても、ひんやりしたアサイーボウルなら、口当たりもよく食べやすいですし、どろっとした冷たいスープ状になったアサイーとサクサクしたミューズリーの食感の組み合わせも楽しめます。

カロリーが低いのに栄養が豊富ということで、ハワイでは週に何度か朝ごはんに食べる家庭があるのだとか。また、アサイーボウルが食べられるカフェも、いくつもあるそうです。

ホテルの朝食もよいですが、散歩がてらちょっと足を延ばして、アサイーボウルを食べに出かけてみては? 

ページトップへ